インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

まずは病院で検査を受けます。担当医が口内を十分にチェックし、インプラントを埋め込む骨の硬さ、太さ、大きさ、位置などを把握します。レントゲン、CTなどを用いて多角的な観点から検査を行い、治療計画を立てます。

 

治療計画が決まったら、まずは1次手術を受けます。歯茎を切開して顎の骨を削って、インプラントを埋め込みます。局所麻酔を打つので痛みはほぼありませんが、それでも心配という場合は鎮静剤を用いることもあります。

 

1次治療が終わったら、少し間を置きます。この間にインプラントが骨と定着します。定着期間は3ヶ月~6ヶ月程度です。

 

次に2次手術を行います。人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着します。この状態でまた数週間ほど待ちます。

 

その後、人工の歯を制作し、装着します。装着後は定期的に検査を行います。トータルで概ね3ヶ月~10ヶ月程度の期間を要します。


Comments are closed.