従来の治療方法とそのデメリット

従来の治療方法とそのデメリット

歯を補う代表的な治療方法にブリッジと入れ歯(義歯)があります。

 

ブリッジは歯が抜けてしまった場合に、その両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を埋め込んで欠損部分を回復させる治療方法です。橋をかける様子に似ていることから、このような名前がつけられました。ブリッジは保険が適用されるため安価で、審美的にも機能的にも優れています。一方、健康な歯を削ってしまうため歯の寿命が短くなる、土台となる歯がない場合には治療ができないなどの欠点もあります。

 

入れ歯は取り外しができる人工の歯を使った治療方法です。入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、保険が適用されるものとされないものがあります。非常に歴史が長くノウハウが蓄積されているため治療のリスクが比較的少なく、保険適用されるものならば費用も余りかかりません。

 

一方で入れ歯になれるまでにはやや時間がかかる、天然の歯と比べると噛む力が弱く違和感があるというデメリットも有ります。これらの治療法の欠点を排除し、より長所を伸ばすために開発されたのがインプラント治療です。


Comments are closed.