インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

インプラントの一番のデメリットは治療費用が高いことです。インプラントには保険が効かず、1本あたり10万円以上かかることも珍しくありません。加えて治療後には年に1回~4回ほどのメンテナンスが必要になり、そのたびに3000円~1万円程度の費用がかかります。

 

また、インプラント治療は誰でも受けられるわけではありません。重度の歯周病だったり、全身に何らかの疾患があったり、かみ合わせに問題があったりする場合は治療を受けることができません。インプラント治療が受けられない場合は、ブリッジや部分入れ歯を選択します。


Comments are closed.